コエハン誕生の背景

こんな状況が見えてきた

市政

  • 積極的に市民の意見を取り入れていない
  • 全体が見えていない、、、
  • 職員が消極的
  • 「上司になんて言われるか、、、」、「失敗して自分の責任にされたくない」

議会

  • 派閥争い・囲い込み
  • 数の原理
  • 市長の顔色を窺いながら、、

市民

  • どうせ市が聞いてくれるはずない
  • 当事者は意見を言いにくい、、、
  • 市長が変わらない限り市は変わらない
  • 市を厳しくチェックしないと!

以前、市政報告会で市長の報告を聞いた際、自分は大きな違和感を感じました。自信満々に話している内容が、自分には実にチグハグな内容に聞こえたのです。周りの職員の声を聞くだけで、市民の声や思いにはあまり耳を貸す機会がなかったのではないかと思いました。

力を合わせれば自然に変わる!

北杜市をより良くしようという強い思いを持つ人々の中には「きちっと行政を監視する必要がある」と考える人も多いように見受けられます。

逆に、行政はできるだけ市民から突っ込まれることを避けたいようにも見えます。

これはよくある構図なのかもしれませんが、このままでは実に勿体無いですね。監視が必要と感じているのは、市民の市に対する信頼感が低いということです。市からすると「市民に突っ込まれる」のは楽しくないかもしれませんが、市民の意向に沿った施策を打つことは非常に好ましいことのはずです。

自分がコエハンを作ったのは、この点を改善するためです。市民の声を見えやすくし、行政は突っ込まれることを待つことなく、その意向を取り入れれたら良いなと思っているのです。担当職員の方や議員の方々も、市民の意向に沿った内容だと説明できるのであれば積極的にアクションに移しやすいと想うのです。

また市民の皆様には、「自分達が市を作るんだ」という思いを持って気軽に意見・提案をコエハンに書き込んで頂きたいと思っております。この掲示板自体も市民全体で作り上げていきたいので、皆様、協力お願いいたします。